雨漏り修理と調査の重要性~住宅の劣化を未然に防ごう~

雨漏り修理が必要になる戸建ての特徴

建ててから日が経っている住宅は、経年劣化の影響で雨漏りなどの被害が発生します。屋根や外壁など様々な場所から水が漏れてしまうのですが、雨漏り修理専門の業者に調査を依頼すると、住宅の劣化をすぐに食い止めることが出来ます。

雨漏りのチェック箇所

天井にシミやカビが生えている
湿気が多いとカビやシミが発生してしまいます。壁紙や天井に生えることが多いのですが、靴や革製品などにも生える場合もあります。また、カビはアレルギーや呼吸器系の疾患を引き起こす要因にもなるので、発見したら迅速に雨漏り修理を依頼しましょう。
シロアリがいる
雨漏りで住宅が腐食するとシロアリが繁殖する場合があります。シロアリは湿気のある家を好む傾向にあるため、すぐに雨漏り修理をしないと家中の柱がすべて食い尽くされてしまいます。さらに、シロアリの侵食が進むと、家が傾く恐れもあります。
床や天井が濡れている・壁紙が剥がれている
天井や床が濡れていると感じたら、雨漏りが発生している可能性が高いです。実は、雨水は天井はもちろん、床からも入ってくることがあるのです。また、雨水が浸入すると壁紙の一部が浮くという現象も起こるため、雨漏り修理を依頼して早急に解決しましょう。

雨漏りが起こる原因

建物の築年数によるもの
雨漏りが発生する主な原因は、建物の老朽化です。雨どいの詰まりや瓦のずれなど、経年劣化で住宅の一部が古くなり、そこから雨水が浸入してくるのです。また、外壁にひびが入っている場合は、建物の内部が腐食している可能性もあります。
施工方法が悪い
住宅を建設する際に、施工不良が発生すると雨漏りが起こりやすくなります。施工方法が悪いことで屋根やベランダ、壁などにひびや亀裂が生じ、雨水が入りやすい環境になってしまいます。このケースでは、築年数に関わらず発生しやすくなり雨漏り修理が必要になります。
自然災害によるもの
屋根にはよくルーフィングという防水材料が使われています。しかし、台風や強風などの自然災害によって劣化する場合があり、これが雨漏りを引き起こす原因になります。さらに、地震で住宅にヒビが入ることによって、雨漏りが発生するケースもあります。

雨漏り修理の前に調査を行なう

雨の日になると雨漏りが起こる、発生個所が分からないなど、雨漏りに関する悩みがあるのなら、専門業者に修理をしてもらうべきです。雨漏り修理のプロであれば、調査から施工まで完璧にこなしてくれるので、抱えている問題がすぐに解消されます。

調査に来てもらうことのメリット

室内点検

雨漏り修理の前には、必ず調査が行なわれます。調査方法には、目視や赤外線、散水などがありますが、いずれの方法も修理箇所を的確に割り出してくれます。また、調査によって修理が必要な場所や雨水の浸入経路を知ることが出来れば、作業自体も迅速に進みますし、余計な費用も発生しません。さらに、業者が行なう雨漏り修理では、現地調査の後に必ず結果を依頼主に報告してくれます。そうすることで家の現状を把握でき、素人であっても雨漏りの発生原因を知ることができるのです。そのため、築年数の古さから雨漏りトラブルに悩まされているのなら、まずは専門業者に相談して、調査をしてもらいましょう。豊富な経験と培われたノウハウによって、雨漏りトラブルをしっかり解決してくれます。

TOPボタン